トレーラー運転手に必要な免許

大型自動車免許とけん引免許は必須

トレーラー運転手として働く場合、車両を運転するための免許は欠かせません。トレーラーは動力車でトレーラー部分をけん引する車両なので、何よりもまずはけん引免許が必要です。けん引免許はトレーラー部分の重量が750キロを超える場合に必要となる免許で、取得するためには年齢が18歳以上であり、普通自動車か大型自動車の免許を持っていることが条件になります。トラックを運転するための免許は車両の大きさや重量によって異なりますが、日本の法律において公道を走行できるトラックのほぼすべてを運転できるのは大型自動車免許です。年齢が21歳以上で、普通自動車免許を取得して3年以上経過している必要があります。トレーラーの多くは大型のサイズなので、運転するには大型自動車免許が便利です。

取り扱う荷物や付随作業によって必要な免許や資格が異なる

大型自動車免許とけん引免許があればトレーラーを運転することが可能ですが、ドライバーの仕事は運転だけではありません。荷物の積み下ろし作業も重要な仕事の一部であり、その作業に使用するフォークリフトヤクレーンを安全に扱うには該当する免許や資格が必要になります。また、トレーラーに積み込む荷物によっては危険物や有毒物質、高圧ガスなどの取り扱いに関する資格を持たなければいけません。車を運転するだけなら運転免許だけで十分ですが、ドライバーとしての仕事をまっとうするためには仕事内容に適した免許や資格を確認し、速やかに取得することが重要と言えるでしょう。

会社によっては運転免許以外の免許や資格を持っていない人でも採用してくれる所がありますが、それでも早めに取得するのがドライバーとして長く働くための心得です。