トレーラー運転手に求められる適性

車両感覚を把握する能力が必要になる

大型トラックよりも運転することが難しいのがトレーラーでしょう。トレーラーは荷台を含めるとトラックの中でも最も長い乗り物になるため、内輪差が大きいという特徴があります。内輪差が大きい分、カーブ時の操縦が難しいのが特徴です。連結部分を支点にした状態で左右に折れやすいのもトレーラーの特徴的なポイントで、この影響によりバック駐車の難易度も高いと言えます。トレーラーの長さや内輪差の大きさといった部分を理解していても、車両感覚を把握する能力が低いとトレーラーを傷つけるケースも増えます。そのためトレーラーのドライバーには、車両感覚を把握する能力を求められます。車両感覚だけでなくイメージを膨らませる能力も必要でしょう。イメージを膨らませることでバック駐車が行いやすくなります。

慎重に行動できる人の方が適性が高い

トレーラーのドライバーは特殊な荷物を運ぶケースが多いです。そのため事故を引き起こすと損害賠償が大きくなります。そのことを考えれば、事故に対する回避意識が高い方が良いと言えます。回避意識が高いだけでなく、安全運転に対する意識も高い方がトレーラーのドライバーの適性は高いと考えられます。基本的には強引な行動を取るよりも慎重な行動ができる人の方が、事故に対するリスクが低いのでトレーラーのドライバーとしての適性があると言えるでしょう。普通車とトレーラーでは視界が違うので、他の人よりも周囲に気を配る必要があります。周りの車がどのような動きを取るのかをシミュレーションできるような人は、トレーラーのドライバーとして成功しやすいと考えられます。